本当にあった家相のはなし(相談する人を間違えた編)

  • 2020.05.21 Thursday
  • 17:28

臥龍堂。鑑定師 春水(しゅんすい)です。

 

 

「良い」と言われて建てたのに問題だらけなんですけど!?

 

「悪い」と言われたけど、それほど悪いことが起きてませんけど!?

 

「この家を建てたら○○が起きます」と言われたけれど、それ以上に悪いことが起きたんですけど!?

 

 

実際に家相をみてもらっても

こういったことは多いようです。

 

 

家相のご相談をされる際に

 

・家族構成(その家に住む人)

・仕事の内容(自営業 or サラリーマン等)

・どんな場所(土地)

 

といったような

 

その家に住む人のバックボーンを聞かれない場合は

精度の低い家相鑑定となってしまいますので

 

最初に書いたような

 

思っていた(言われた)内容と違う現象が起きてしまいます。

 

 

参考事例として過去にご相談のあった内容を紹介しますね。

 

 

名前は公表できませんが

誰もが知っているような

先生に鑑定してもらったと言われた方もいます

 

 

肩書に騙される

 

 

第2回目は・・・

 

ある親御さんが、息子さんの結婚について

 

運命学の先生に相談をされたそうです。

 

 

この運命学の先生はある「地位」を持っていたそうですが、

 

その地位にはちょっとしたカラクリがあったようで

 

占いのキャリアは関係なく

 

協会に○○○円払うと貰える「地位」でした。

 

↑こういうカラクリは良くある話ですから、「肩書」に騙されないようにしてくださいね。

 

 

息子さんの結婚について

 

その運命学の先生は

 

「(結婚相手の女性は)良い人だから、息子さんは幸せになれますよ」

 

と言われたそうです。

 

 

メディアにも出ている先生から

太鼓判を押されたということで

ご両親は大喜びです。

 

 

そして、ついでに

 

 

2世帯住宅を新築されることになりました。

 

 

当然、前回相談した運命学の先生にご相談に行かれたそうです。

 

↑これが本当に「よくある」パターンです。

 

 

運命学と家相は別物

 

 

占い師に相談すれば、何でも解決できる。

 

と思っているかもしれませんが、

 

運命学と家相は全くの別物なのです。

 

 

残念ながら、運命学の先生も家相が間違った時の恐ろしさをご存知ないので、明確な知識がないまま答えてしまう人もいるのです。

 

 

その先生は、まさにそういうタイプだったようで、

 

(ご相談料は「地位」をもらうより少しだけ少な目の○○○万円だったのだとか。)

 

 

その先生の指導の元、2世帯住宅を建てられた数年後・・・

 

 

お嫁さんが、私どもの所へご相談に来られました。

 

 

生れた男の子が重度の障がいを抱えていると・・・

 

 

原因になりそうないくつかの情報をお聞きしたのですが

 

 

どこにも原因は見当たりませんでした。

 

 

そうして、最終的にたどり着いたのが家相

 

 

 

早速、家相を見せていただいたのですが

 

 

『男の子は別の家で生まれたのではないですか?』

 

 

と質問すると

 

 

「夫の両親が建てた家に住んでいる時に生まれました」

 

 

と答えられました。

 

 

その間取りを見せていただいたのですが

 

 

間取りには原因はありません・・・

 

 

が、もしかして・・・と思い

 

 

『方位磁石で正確な方位を測ってみてください。おそらく30度ズレていると思います』

 

とお伝えし、実際に測ってもらうと・・・

 

やはり30度ズレていたのです。

 

 

30度ズレた状態で家相をみると、バッチリ家相に問題があったのです。

 

 

 

このご家族は、私どものところにご相談に来られる前に

 

最初に相談した運命学の先生に連絡をされていたようです。

 

 

その先生は自分が良いといった手前か、ご立腹され

 

 

「そのお嫁さんを連れてこい!」と言われたそうです。

 

 

お嫁さんは、なぜわざわざ自分が行かなければいけないのか疑問に思いながらも

 

言われるままに連れていかれたのだそうです。

 

(そしてその時も○○万円の面会料と1分○万円という相談料もお支払いされたのだそうです。)

 

すると

 

「子供に縁のない女性が無理やり子供を作るから、こんな子供が生まれた!」

 

と信じられないことを言われたのだそうです。

 

 

結局、家に帰ってからは

 

ご主人の両親から同じように攻め続けられ

 

いたたまれなくなって

 

ご主人と一緒に家を出られたのだそうです。

 

 

 

お子さんの障がいに関しては

 

医学的な力を持ってしても

 

回復できるようなものではないとお伝えするしかありませんでした・・・

 

 

家相が悪いから障がい者になる訳ではない

 

 

誤解していただきたくないのは

 

 

家相によって障がいが起きる

 

ということはありません。

 

 

「お子さんの健康状態に問題が起きる」

 

 

という家相の家を建てたことによって

 

 

結果的に

 

 

障がい者が出てしまうことがあるということです。

 

 

必ずしも障がい者という訳ではなく、大きな病気となってしまうこともあります。

 

 

 

わざわざ高いお金を払って

 

良いと太鼓判を貰って建てた家(家相)で

 

このようなことが起きてしまわないように

 

お気をつけくださいね。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 4月の人気記事 TOP3

 【第3位】

 陽宅と陰宅って知ってますか?

 【第2位】

 お引越しを検討中の方へ

 【第1位】

 天中殺の過ごし方

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

★★ 春水裏ブログ ★★

 

☆☆ 春水のtwitter ☆☆

 

 

友だち追加

  

 

 

 

臥龍堂。※完全予約制※

広島県広島市中区中町10−10 グローバル並木通り902号

 

WEBパソコンhttp://garyudou.com

 

Email手紙:uranai.garyudou@gmail.com

*ご予約はEメールよりお問い合わせ下さい。*

 

 

JUGEMテーマ:占い

JUGEMテーマ:エッセイ

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM