《春水》当たり前に普通に生きる

  • 2020.03.15 Sunday
  • 19:21

臥龍堂。 鑑定師 春水(しゅんすい)です。

 

 

3月17日〜3月23日は春のお彼岸です。

 

コロナウイルスの影響で家の中に閉じこもりがちですが

折角の機会なのでお墓参りに出かけられてはいかがでしょうか。

 

 

算命学十三代宗家

高尾義正先生が残された

「彼岸」についてのお話を紹介します。

 

*****

 

お彼岸の行事と言いますのは

いつ位から出来たのか考えられた事があるかと思いますが

日本では平安時代なんですね、

実はお彼岸の行事や七五三のお祝いも

全て中国からの輸入品なんです。

 

日本古来にそういうものがあったのでは無くて

古代中国人が考えて

中国の一つの仕来りとしてあったものが

いつの頃からか日本に入って来まして

日本の行事に生まれ変わって来ました。

 

それが仏教と一緒になりまして

実際にお彼岸の原理と仏教とは

本当は関係ないんですけれども

いつの頃からかそれが合流しまして

仏教の儀式というような形で日本に伝わってきました。

 

彼岸は誰の為にやっているかというと

自分の為にやっているわけです。

遊ぶ心で仏様と一緒に遊ぶわけです。

 

自分だけが遊ぶわけでは無くて

お墓へ行って

「おばあちゃん、こんにちは。この頃どうしていますか」とか

「あの世の水は冷たいですか」とか

お墓で会話をします。

 

「今日はお墓で弁当を食べて花見でもしよう」と

茣蓙を引いて一杯飲んでも良いんです。

 

お墓を磨きながら鼻歌で一杯飲みながら

楽しみながらお墓参りをするとそこに

非常に一家中揃って、親も子もなんとなく

ほのぼのとした明るさが生まれてくるんです。

 

それはどういう事をこのお彼岸が教えているかというと

特別に人間というのは

大仰な生き方をしなくても

人間にとって一番素晴らしい生き方というのは

普通の人、ただの人なんです。

 

これが一番大切なんだという事なんです。

 

「私はこういう天才だ」とか

「私はこういう実力で大成功した」とか

そんなのはあんまり偉いほうではないんです。

 

「当たり前に普通に来た、そういう生き方が

一番素晴らしいですよ」

という事を教えているわけです。

 

そして人間の体、あるいは生命体、

そして運命そういうものを取り混ぜて

非常に良いサイクルで人間がある時に

自分を思い返す、そういった事を教えてくれているわけです。

 

 

*****

 

当たり前に普通に生きる

それが一番良い生き方なのだと思います。

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 2月の人気記事TOP3

 

 【第3位】

 生まれ年別】令和2年の運気

 【第2位】

 東出昌大さん・杏さん別居報道

 【第1位】

 天中殺の過ごし方

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

 

★★ 春水裏ブログ ★★

 

 

☆☆ 春水のtwitter ☆☆

 

 

 

 

LINE@やってます。

ブログには書いていない情報なども配信しています。

↓お友だち登録してくれると嬉しいですハリネズミ

 

友だち追加

 

  

臥龍堂。

広島県広島市中区中町10−10 グローバル並木通り902号

受付時間:11:00〜19:00

ベル完全予約制

*ご予約についてはEメールよりお問い合わせ下さい。*

 

 

WEBパソコンhttp://garyudou.com

 

Email手紙:uranai.garyudou@gmail.com

 

 

 

JUGEMテーマ:占い

JUGEMテーマ:エッセイ

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM